スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1_river20110227.jpg

    2_river20110227.jpg

    3_river20110227.jpg

    4_river20110227.jpg


    河を撮りながら、河そのものを撮ることに興味がない。




    Amazonに注文していた、中村ハルコの写真集「光の音」が届く。
    素晴らしい。なんという瑞々しい感性。どの写真も生命感に満ち溢れている。

    中村ハルコという写真家は、写美の「ニュー・スナップショット」で知ったのだが、すぐに虜になってしまった。

    もし自殺を考えている人がいるなら、是非この写真集を見せてあげたい。
    きっと、生きているって素晴らしい。と思ってくれるはずだ。

    残念なことに、このきらきらと輝くように感動的な写真を撮った作者はもうこの世にいない。
    何とした運命のいたずら。人生は時として残酷だ。




    + Read More

    スポンサーサイト

    夜の手触り-16

    1_night_vision16.jpg

    2_night_vision16.jpg

    3_night_vision16.jpg

    4_night_vision16.jpg

    5_night_vision16.jpg





    冬の午後を過ごす

    1_winter_light_20110206.jpg

    2_winter_light_20110206.jpg

    3_winter_light_20110206.jpg

    4_winter_light_20110206.jpg

    5_winter_light_20110206.jpg


    「PHOTO GRAPHICA」最新号(休刊!)の、野口里佳の写真に圧倒されている。
    写真の可能性を信じてもいいと思わせてくれる。圧巻!

    ただ、またひとつ読みたい雑誌が無くなってしまった。







    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。