スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    祭りの準備

    20130527_benten-1.jpg

    20130527_benten-2.jpg

    20130527_benten-3.jpg

    20130527_benten-4.jpg

    20130527_benten-5.jpg

    20130527_benten-6.jpg

    20130527_benten-7.jpg

    20130527_benten-8.jpg


    今年の5月4日、5日に房総の鴨川漁港にある、厳島に祭られている弁財天の60年に一度という本開帳の祭りがあった。ちなみに次は30年後で半開帳に当たるそうである。
    2月頃、用事で鴨川を訪れたときに駅のポスターで知ったのだが、すっかり忘れていた。
    この写真を撮った5月3日は別に撮りたいものがあり、内房線の太海駅から鴨川駅までの海岸線を歩いていたのだが通りに提灯が吊されており、そういえばと思い出した次第である。
    まだ熱狂の前の、ゆったりとした時間が流れていた。

    ※祭り当日の写真は、2日間で4000枚以上も撮ってしまい、時間を見て整理しているものの、なかなか
     収拾がつかない状態なので、まとまり次第アップします。








    スポンサーサイト

    島影

    20130519_shimakage-1.jpg

    20130519_shimakage-2.jpg

    20130519_shimakage-3.jpg


    島影という言葉が好き。
    島といっても三浦半島と房総半島なので、半・島影か。

    5月にしては珍しく西風が強くて波が高く、デッキに立つと何かにつかまらないと立っていられないほどだった。









    国道

    20130512_kokudou-01.jpg

    20130512_kokudou-02.jpg

    20130512_kokudou-03.jpg

    20130512_kokudou-04.jpg

    20130512_kokudou-05.jpg

    20130512_kokudou-06.jpg

    20130512_kokudou-07.jpg

    20130512_kokudou-08.jpg


    有楽町のガード下を撮って以来、昭和テイスト漂う場所がマイブームになりつつある。
    いずれ無くなってしまうだろうという危機感と、もう少し早い時期に撮っておけばよかったという後悔もあるかもしれない。

    今回の写真は鶴見線の「国道」駅をゴールデンウィーク中に撮ったものだが、いつか撮ろうと思ってからだいぶ年月が経ってしまった。
    すでに撮りつくされているモチーフと知りながら、やはり撮りたいものはしょうがないということで・・・。
    去年買った田村彰英の写真集「夢の光」の中にもそれらしき場所がある。

    駅のホームを降りたとたんに別世界という感じだが、狭い場所で撮影ポジションは限られるので同じような写真が量産されてしまった。








    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。