スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 47 夜の手触り

    20141123_night_vision-01.jpg

    20141123_night_vision-02.jpg

    20141123_night_vision-03.jpg

    20141123_night_vision-04.jpg

    20141123_night_vision-05.jpg

    20141123_night_vision-06.jpg

    20141123_night_vision-07.jpg

    20141123_night_vision-08.jpg

    20141123_night_vision-09.jpg

    20141123_night_vision-10.jpg

    20141123_night_vision-11.jpg


    週末の仕事帰りは、少し遠回りしてみる。
    カメラが軽いと夜のスナップも軽快。








    スポンサーサイト

    5センチの眺め - 46 影絵

    20141118_shadow_picture-1.jpg


    仕事帰りに同じような場所で同じような写真ばかり撮っているので、現像まではするものの、どうまとめようかと思案中で相変わらず整理が出来ていない。
    今回も整理するまでのつなぎで土曜日、休日出勤の途中で撮った写真を・・久しぶりに昼間撮った写真です。
    子供たちの姿はなかったけれど、楽しく遊んでいたであろう痕跡が。






    5センチの眺め - 45

    20141106_gallery916-01.jpg

    20141106_gallery916-02.jpg

    20141106_gallery916-03.jpg

    20141106_gallery916-04.jpg

    20141106_gallery916-05.jpg


    しばらく 写真を撮り散らかしたまま全く整理できていないので、先週末に写真展を見に行ったギャラリーで撮った写真でごまかそうと思います。(-_-;)
    写真は全て「Gallery916」にて。カタログ写真みたいですみません。

    見てきた写真展は野口里佳「父のアルバム/不思議な力」。
    詳細はGallery916のサイトへ。
    写真家によるステートメントも素晴らしい。

    写真を見ながら様々な感情が湧いてくる。
    父親と娘である写真家のふたりの目を通して綴られた家族の物語。
    自身の子供時代が記録された父親のネガを暗室でプリントしているとき、どんな思いが写真家を支配していたのだろうと想像してみた。
    そして見るものに語りかけてくる、写真の中を流れる家族の幸せな時間。

    日頃、写真は二種類しかないと思っている。
    「そこに写っているものだけで完結する写真。」
    「そこに写っているものを通して何かを語りかけてくる写真。」
    その何かは全て言葉には置き換えられないけれど、確かに見るものに伝わってくる。
    写真の不思議な力。
    両者の違いはどこで生まれるのだろうといつも思うのである。

    なお展示は終了したが、一部の写真は現在発売中の「Coyote No.53」で見ることが出来る。
    今回の展示、写真集にしてくれないだろうか。







    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。