スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スナップショット(横浜市南区) - 2

    1_snap2.jpg  

      2_snap2.jpg

    3_snap2.jpg  

    4_snap2.jpg  

    5_snap2.jpg  

    6_snap2.jpg  


    『至るところで 心を集めよ 立っていよ』
    多かれ少なかれ写真にはセルフポートレートの要素があると思うが、ときどき撮影者の存在をとても強く感じる写真がある。
    清野賀子『至るところで 心を集めよ 立っていよ』もそんな写真集だ。風景や人や静物、どの写真からもその場所に佇んでいる作者の存在が強く感じられ、作者の見ている世界につい引き込まれてしまう。
    今年になって作者は自ら命を絶つという衝撃的な選択をしてしまい、この魅力的な写真集が遺作となってしまった。もう新しい作品を見られないことが残念でならない。
    ご冥福をお祈りする。


    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/104-559eb67c

    Comment

    はせがわ | URL | 2009.10.04 18:24 | Edit
    清野賀子さん、知りませんでした。
    検索で数点の写真を見てとても興味を持ちましたので早速1点だけ在庫のあったアマゾンに注文しておきました。
    紹介して頂きありがとうございます。
    m_HAL | URL | 2009.10.05 01:31 | Edit
    はせがわさま、いつもありがとうございます。
    清野賀子さんのことを知ったのは、「THE SIGN OF LIFE」という写真集を数年前に見てからですが、以来その独特の視線にすっかり魅了されてしまいました。
    最近ネットで清野賀子さんが自殺したというニュースを知りとてもショックを受けて、このところずっとブルーです。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。