スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ロード・ムービー

    1_road-movie.jpg

    2_road-movie.jpg

    3_road-movie.jpg

    4_road-movie.jpg

    5_road-movie.jpg

    6_road-movie.jpg


    電車の窓から見る風景は、ストーリーのない一篇のムービー。

    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/121-33f25f11

    Comment

    はせがわ | URL | 2010.02.17 14:07 | Edit
    車窓からこれだけの枚数を切り取れるのはさすが大したものだなと感心しながら拝見しました。
    ムービーというよりやはりそれぞれにHALさんらしい視点を感じることが出来ますので明快な1枚目も少しぶれていれば良かったかなと感じています。
    m_HAL | URL | 2010.02.21 15:56 | Edit
    はせがわさま、いつもありがとうございます。
    このところ少々疲れ気味で、すっかり返事が遅くなってしまいました。

    電車から見る風景は変化が早く、いいなと思ってカメラを構えた頃にはすでに過ぎ去っているので、何か気配を感じたらシャッターを切るようにしています。
     少しの移動の間でも日が当たっていたり日陰になったり、また窓ガラスの汚れ具合とか窓に差し込む光の角度とかで、鮮明に写ったりブレブレだったりと予期せぬ写りをすることがしばしばあります。
    コントロールできない要素が多い分、(RAW)現像してからこんな風に写っていたかと思うことがよくあって、今回の写真もどの辺りで撮ったのかサッパリ思い出せません。その分、新鮮な驚きでセレクトと仕上げを楽しめるという効果があるといえばあるような。

    一方、ある一定の条件のもとで写真は写ってしまうという、カメラの冷徹さを改めて認識させられます。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。