スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    見知らぬ場所-14

    sakaigi_20120212-1.jpg

    sakaigi_20120212-2.jpg

    sakaigi_20120212-3.jpg

    sakaigi_20120212-4.jpg

    sakaigi_20120212-5.jpg




    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/189-f62589ea

    Comment

    さかみち | URL | 2012.02.14 23:01 | Edit
    こんばんは。
    1枚目と2枚目を見て、おもわずにやりです。
    このへん三度ほど通ったことがあり見覚えがあります。その他は不明ですが..。
    1枚目の男性は立ちションをしているように見えます。
    もしそうでなかっても、何やら想像してしまいます。
    このへん、以前言っておられた「100%語ってしまうよりも...」
    ということなんでしょうかね。
    それから右端の女性もよ~く見てやっと気がつきました。
    m_HAL | URL | 2012.02.18 20:34 | Edit
    さかみちさま、コメントいつもありがとうございます。
    体調不良で返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
    1枚目の写真、まさにさかみちさんのおっしゃるとおりの状況です。
    なぜ右端に女性がいる写真を選んだかというと、この写真を見ている人に時間の経過を想像して貰えたらいいなと思ってのことです。これを撮った時点ではこの男性も女性もお互いに気付いていないわけです。
    例えばこの写真の男性と女性が遭遇する瞬間を撮るという方法もありますが、あえてピークをはずして見る側にゆだねるという方法もアリだと思っています。
    100%語らないということは、こういうニュアンスに近いです。

    さかみちさんも何度か私と同じ場所を撮っておられますね。さかみちさんのブログを見ながら、なるほどそうきたかと思うことがあります。(笑)
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。