スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    光の列車

    2012-12-29_night-train.jpg

    漆黒の闇の向こうに浮かぶ、街の灯り。
    轟音を響かせ闇を切り裂くように、列車の光跡が遠くの街と繋がろうとする。
    この光の先にあるものは何だろうか。
    人々の希望、それともやすらぎの場所。
    閉塞感漂う時代に生きなければならない今、ひとり丘の上から一条の光に想いを馳せる。

    ※今回の更新が今年の最後になります。
    一年間このブログを見てくださいまして、ありがとうございました。
    来年もあいかわらずスローペースの更新になると思いますが、暇つぶしにでも訪れてくださるとうれしいです。
    多分続いていると思います。








    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/242-6f285e60

    Comment

    はせがわ | URL | 2012.12.31 17:25 | Edit
    光と闇、魅力的なお写真です。
    この歳になると希望より安らぎを求める自分を感じています。
    来年は希望の持てる年にしなければと闇の先にある光を見ながら思いました。

    m_HALさんから頂くコメントがいつも大変励みになります。
    今年1年ありがとうございました。
    来年もどうぞよろしくお願い致します。
    m_HAL | URL | 2012.12.31 23:43 | Edit
    はせがわさま、いつもありがとうございます。
    今の時代、希望を持って生きることがなかなか難しくなっていると思いますが、来年は少しでも希望を持てる何かがあればいいと思っています。
    私もいつも、はせがわさんの一歩踏み込んだコメントに刺激を受けていますし、読むのを楽しみにしています。
    来年も変わらずお付き合いくださるとうれしいです。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。