スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    夜の旅行者

    2013-03-08_night_traveler-1.jpg

    2013-03-08_night_traveler-2.jpg

    2013-03-08_night_traveler-4.jpg

    2013-03-08_night_traveler-3.jpg

    2013-03-08_night_traveler-5.jpg

    2013-03-08_night_traveler-6.jpg

    2013-03-08_night_traveler-7.jpg


    夜道を歩いていると、そこかしこから沈丁花の香りがする。
    春はもう近い。
    沈丁花の香りは、私にとって春を告げるサイン。







    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/255-3f502745

    Comment

    はせがわ | URL | 2013.03.09 07:42 | Edit
    実際は短い時間ですが写真で見る船旅は遠くへ旅立つ夜行船のようで情緒が溢れますね。
    一晩がかりで八丈島へ行ったときの東京湾の夜景を思い出しましたが船旅は短い時間に限ります。
    m_HAL | URL | 2013.03.10 00:06 | Edit
    東京湾から東京ー神奈川方向を見ると、街の灯りで空が明るく見えます。
    振り返って房総方面を見ると、わずかに灯りが見える程度です。
    そして、水平線の向こうに目を向けると闇が広がっています。
    久里浜ー金谷間はわずか40分程度の船旅で対岸が見渡せる距離ですが、昼と夜ではまた趣が違いますね。
    星明かりのない夜など、一晩中水平線に向かって進む船はどんな景色が広がっているのか、ちょっと想像ができません。
    おやま剛 | URL | 2013.03.10 02:59
    更新された写真を拝見するたびにハッとさせられます。
    情感のある写真もノーブルで見入ってしまいます。
    m_HAL | URL | 2013.03.11 01:56 | Edit
    おやま剛さん、ありがとうございます。
    いつも自分の撮りたいものを撮りたいようにしか撮らないという、サービス精神ゼロの当ブログです。(笑)
    ブログにアップするときは、どういう構成にしようかそれなりに悩むのですが、そういって頂けると少しは考えた甲斐があるというものです。
    さかみち | URL | 2013.03.11 23:15 | Edit
    こんばんは。
    素晴らしいです。良すぎます^^
    まるでドキュメント映画 (またはテレビ) を見るようです。
    人に対して臆せず、落ち着きのあるシャッターを感じます。
    私などはコソコソですから、とてもこういう風には撮れません。
    いつかこのように撮ってみたいと思いつつ...。
    m_HAL | URL | 2013.03.12 02:59 | Edit
    さかみちさん、いつもありがとうございます。
    そうですね、あまり相手を意識しすぎるとどうしても撮るのを躊躇してしまいますね。
    考える前に撮ってしまうというのも、ひとつの方法ですね。
    相手と目が合ってしまったときは、軽く会釈をしてその場を立ち去るようにしています。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。