スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    20130428field-1.jpg

    20130428field-2.jpg

    20130428field-3.jpg

    20130428field-4.jpg

    20130428field-5.jpg



    しばらく夜の写真が続いたので、明るいうちに撮った写真を・・。

    これらの写真を撮ったのは、3月後半。
    日々の時間の流れのなかではわずか一ヶ月ほどだが、光の違いは明らかに季節の変化を感じさせる。










    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/265-f69c25b7

    Comment

    いろもりカラス | URL | 2013.04.28 22:36
    こんにちは、はじめまして。
    はせがわさんから、「正統派モノクロ」というご紹介でやって来ました。
    迫力ありますね!
    私は、まだこれからカメラを買おうとしている者です。
    これから、いろいろ勉強させていただくつもりで、ちょくちょく顔を出すと思います^^
    どうぞよろしくお願いいたします。
    m_HAL | URL | 2013.04.29 07:47 | Edit
    いろもりカラスさん、はじめまして。・・不思議なお名前ですね。
    はせがわさんから、「正統派モノクロ」と紹介下さり光栄です。(プレッシャーも少し・・)
    写真が上達するにはたくさん撮ることはもちろん大切ですが、いい写真をたくさん見ることも大事です。
    WEBだけでなくできれば写真展に足を運んだり、いろいろな写真集を見て下さい。(買わなくてもいいです。)
    例えその時は分からなくても将来的に必ず糧になるはずですし、引き出しも多くなります。
    写真で大切なことはまず対象をよく見ること、そして全身で感じることです。
    これは長く写真を続けていると、分かってきます。

    はせがわさんのブログでコメントのやりとりを拝見しますと、いろもりカラスさんは好奇心もあり素直に吸収している様子ですので、上達は早いと思います。
    私のブログは他の人のブログと比べると更新頻度が少ないですが、気長にお付き合い下さればと思います。
    さかみち | URL | 2013.04.29 10:38 | Edit
    こんにちは。ちょっと久しぶりのような。
    私、気長にのぞいてます^^
    「野」1枚目からいいですね。
    うんと手前の土地を入れ、空がないのにとても広々感があります。
    ビニールハウス(シート)の白や人..。
    このへんの土地の様子をいろんな角度で撮られていますね。
    さて、このへんですが、大船駅の先の田谷ではないかと
    思っているのですが..。
    いろもりカラス | URL | 2013.04.29 18:14
    こんにちは。
    ご助言ありがとうございます。
    「写真展に足を運ぶ」ということははせがわさんも仰っておりました。
    お二人が声をそろえて仰ることだから、とても大事なことなのだと思います。
    対象をよく見るということは、たぶん、全然できてないと思います。
    今日もコンデジを持って近所を歩いてみたのですが、よく見るまえにあわててシャッター切っています^^;
    今度は十分心がけてやってみます!
    先ほど、はせがわさんのところでも書いたのですが、先日お写真を初めて拝見したとき、私らが単にモノクロ変換した時とはちがう何かがあるのは明快なのに、それが何なのかうまく言い表すことができませんでした。
    でも今日、美術館で山本春挙の水墨画を観て、これだー!!と思いました。
    迫力が似ていると思いました。
    違ったでしょうか??^^;;
    「いろもりカラス」は、私の今の名字とか旧姓とかが混ざっています。
    ブログ名の「いろのもりのカラス」は、「不思議の国のアリス」とか「風の谷のナウシカ」みたいなものです。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
    m_HAL | URL | 2013.04.30 05:08 | Edit
    さかみちさん、ありがとうございます。
    正解です。(笑)
    仰せの通り「田谷」の畑というか田んぼというかで撮りました。
    ここは以前、民家もありましたが今はすっかり無くなっていました。
    そしてそこいら中に杭が打たれていました。
    こういう、がらんとした場所にいるとなぜか心が落ち着きます。

    最近は原因不明の背中の痛みで、重い荷物は持ちたくないので50mm標準レンズだけで撮っています。
    なのでみんな同じ写真にならないように、工夫して撮っています。
    m_HAL | URL | 2013.04.30 05:12 | Edit
    いろもりカラスさん、ありがとうございます。
    水墨画で来ましたか、思わぬ方向からカウンター・パンチを貰った感じです。
    考えてみると似てるかもしれませんね。
    水墨画は詳しくありませんが、墨の濃淡で明暗や遠近を表現し、モノクロ写真も白から黒への階調(トーン、グラデーション)で明暗や遠近を表しますから、共通点はあるかもしれませんね。
    最も階調はモノクロだけでなくカラーで撮るときも重要ですね。階調のないカラー写真は、ただの塗り絵になってしまいますし。
    こちらこそよろしくお願いします。
    はせがわ | URL | 2013.05.03 14:23 | Edit
    房総に限らず少し地方に行って撮る田畑は、田園風景らしさに溢れるのですが、横浜近郊となるとかなり趣が違って来ますね。
    押し寄せる宅地化の波を感じます。
    1年前50年ぶりの鷹取山で谷も山も埋め尽くす住宅群に唖然としたのですが、この場所も近い将来同じ姿に変わるのでしょうね。
    いま思えばロッククライミングのトレーニングに通っていたとき、何も無かった山や谷をもっと撮っておけばいい記録になったのにと、惜しい気持ちでいっぱいです。
    m_HAL | URL | 2013.05.06 21:23 | Edit
    はせがわさま、ありがとうございます。
    連休中は出かけておりまして返事が遅れてしまい、申し訳ありません。

    ここはまだ一部は畑が残っていますが、使われなくなった田んぼは一面に杭が打たれて中には入れなくなっていました。
    杭を打ち込んでいる意味がよく分からないのですが、将来的にどうなるのか気になるところです。
    有楽町のガード下を撮っているときに思ったのは、もう少し早い時期に撮っておけばということでした。
    実は当たり前すぎて気が付かないことが多いのかもしれませんね。
    当たり前のことを当たり前と思わない目を持ちたいものです。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。