スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    祭りの準備

    20130527_benten-1.jpg

    20130527_benten-2.jpg

    20130527_benten-3.jpg

    20130527_benten-4.jpg

    20130527_benten-5.jpg

    20130527_benten-6.jpg

    20130527_benten-7.jpg

    20130527_benten-8.jpg


    今年の5月4日、5日に房総の鴨川漁港にある、厳島に祭られている弁財天の60年に一度という本開帳の祭りがあった。ちなみに次は30年後で半開帳に当たるそうである。
    2月頃、用事で鴨川を訪れたときに駅のポスターで知ったのだが、すっかり忘れていた。
    この写真を撮った5月3日は別に撮りたいものがあり、内房線の太海駅から鴨川駅までの海岸線を歩いていたのだが通りに提灯が吊されており、そういえばと思い出した次第である。
    まだ熱狂の前の、ゆったりとした時間が流れていた。

    ※祭り当日の写真は、2日間で4000枚以上も撮ってしまい、時間を見て整理しているものの、なかなか
     収拾がつかない状態なので、まとまり次第アップします。








    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/269-41114ef2

    Comment

    おやま剛 | URL | 2013.05.27 23:33
    いつもの写真とは、また少し違った、隙間のあるような感じや緩やかなリズムに、ふわっと同化していくような気持ちになりました。
    いろもりカラス | URL | 2013.05.28 00:02
    こんばんは。
    カラーなんですね!
    ピンクリボン運動じゃないけれど、ピンク提灯がつながる方へお話が展開していくような感じがとても楽しい。
    提灯に、「こっちこっち」と言われているみたいです。
    最後は、打って変わって、すごく雰囲気あります。
    点った提灯が永遠に続いていくよう。。

    m_HAL | URL | 2013.05.28 01:34 | Edit
    おやま剛さん、ありがとうございます。
    今回はゆるゆるで、ゆったりした感じにしてみました。
    普段、房総を歩いていると結構こんな感じなんですよね。
    時間の感覚が仕事をしているときとは全然違って、別世界です。

    それとここで書いても伝わらないのですが、祭り当日との落差を比べるのも面白いかなと。
    m_HAL | URL | 2013.05.28 01:35 | Edit
    いろもりカラスさん、ありがとうございます。
    今回はお祭り絡みということで、カラーにしてみました。
    お祭りは色も重要な要素ですし。
    会場までの道沿いに提灯があったので、提灯をキーワードに映画のカットを繋げるようなイメージを意識したのですが、ちゃんと伝わりましたね。うれしいです。

    ところで、ムカデに刺されたのですね。
    偶然にも私の職場でもムカデが出たらしく、出社したら月曜の朝から回りが騒いでいました。
    今の職場にはもう長いこといるのですが、ムカデ初登場です。
    幸い誰も被害には遭わなかったみたいです。
    会社の周囲はそんなに自然が豊かという感じでもないんですけどね。
    どうぞお大事に。
    いろもりカラス | URL | 2013.05.28 06:44
    おはようございます。
    >お祭りは色も重要な要素ですし。
    はい、そうだと思います。^^
    あと、ムカデの件、お気遣いありがとうございます。
    今朝はもう痛くもかゆくもなく、元気です!
    >出社したら月曜の朝から回りが騒いでいました。
    出たということで騒ぎになるのは都会だからでしょうか。
    こちらでは、本部に報告をしたという人の話によると、ムカデの頭を煎じたものをかけるのが一番効くとあっさり言われたそうです。
    そうかもしれないんですけどね。。
    はせがわ | URL | 2013.05.30 03:07 | Edit
    2日間で4000枚とは驚異的な枚数ですね。
    私は2日間いても400枚がいいところなのでとても考えられない数字です。
    なにをどう撮られたのか全部拝見してみたいです。
    シャッターが閉じられ人通りのない町に灯の点ったピンクの提灯が並んでいる風景は不気味ささえ感じさせて現在の房総を象徴しているかのようです。
    全部人物抜きで纏めたい気がします。
    m_HAL | URL | 2013.05.30 23:12 | Edit
    はせがわさま、ありがとうございます。
    わたしも普段は1日1000枚を超えることはないです。
    祭りの写真は高校生の頃に地元で撮って以来その後撮った記憶が無く、どう撮ればいいのか分からなかったので、試行錯誤の結果です。

    ここの街並みは私には懐かしさすら感じさせる場所で、祭りの前日ということもあり結構ほんわかムードで撮ったのですが、見せ方によっては不気味さを感じさせるかも知れませんね。
    ヒントを頂きました。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。