スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    厳島神社弁財天本開帳大祭 〜序章〜

    60年に一度という、房総の鴨川で行われた弁財天本開帳大祭の記録。
    ちなみに30年後には半開帳祭が行われ、さらにその30年後にまた本開帳祭。

    20130601_benten-01.jpg写真-1
    中央の二つの連なる島が祭りの舞台となる厳島。(別名:弁天島)
    海上に点在する島々が美しい。このあたりは鴨川松島と呼ばれている。

    20130601_benten-02.jpg 写真-2
    今は港から厳島までは堤防を渡って行けるが、以前は船を横付けして上に板を敷いて港から島まで御輿を担いで渡ったとのこと。 今もその伝統を伝える風景。
    (30年前に半開帳の祭りを見たという地元のオバチャンから教えてもらった)

    20130601_benten-03.jpg 写真-3

    20130601_benten-04.jpg 写真-4

    20130601_benten-05.jpg 写真-5

    20130601_benten-06.jpg 写真-6

    20130601_benten-07.jpg 写真-7

    20130601_benten-08.jpg 写真-8

    20130601_benten-09.jpg
    写真-9

    20130601_benten-10.jpg
    写真-10

    20130601_benten-11.jpg
    写真-11

    20130601_benten-12.jpg 写真-12

    20130601_benten-13.jpg 写真-13

    20130601_benten-14.jpg
    写真-14

    20130601_benten-15.jpg写真-15  

    20130601_benten-16.jpg
    写真-16

    20130601_benten-17.jpg
    写真-17
    「水交團」という名は漁業で栄えた町らしい。

    20130601_benten-18.jpg写真-18 

    20130601_benten-19.jpg 写真-19

    20130601_benten-20.jpg 写真-20

    今回は初日の御輿を担ぎ出す前のいわばリハーサル風景まで。次回に続く。
    (長くなってしまい、すいません。最後までご覧くださいまして、ありがとうございます。)






    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/270-04d2daad

    Comment

    keico | URL | 2013.06.02 07:17
    初めましてではないですが、いつもブログを見て頂いてありがとうございます。
    こんなお祭りがあったんですね。行ける場所なので、私も行けばよかったです。
    ずっと前から、m_HAL様のブログ拝見していますが、ブログタイトルもカッコいいですし、お写真も素敵ですね。
    よろしければ、リンクさせて頂きたいのですが、どうでしょうか?
    m_HAL | URL | 2013.06.02 13:03 | Edit
    Keicoさん、ありがとうございます。
    Keicoさんとはせがわさんのやりとり、いつも楽しく拝見しています。
    陰ながら応援していますよ。
    この祭りは私もたまたま2月頃、用事で房総へ行ったときに駅のポスターで知りました。
    鴨川観光協会のPR不足かもしれませんね。(笑)
    私のブログはリンクフリーですので、リンク大歓迎です。
    私のほうもリンクさせて頂きますね。
    今後ともよろしくお願いします。
    keico | URL | 2013.06.02 13:07
    おーリンクどうもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
    いろもりカラス | URL | 2013.06.02 19:05
    こんばんは。
    昨日コメントさせていただいてたんですがいま見たら見当たらない!
    たぶん、送信ボタン押さずに消してしまったものと思われます。( ; ; )
    どれも気合と気迫が伝わるお写真ですね。
    60年に一度のお祭りだなんて、一生に一回とか、見られない人もいるでしょうに、こうして続いているのはすごいことと思います。
    女性に美人さんが多いのは気のせいでしょうか?(^^)
    漁船が島まで続いているお写真、とても清々しいお写真ですね。
    お神輿はもう渡ってないんでしょうか?
    私はここをとても渡ってみたいと思いました。
    続きあるんですよね?
    楽しみにしています。
    一昨日はご助言いただきありがとうございました。
    はせがわさんとの掛け合いが楽しかったです。(^_^)


    はせがわ | URL | 2013.06.02 20:03 | Edit
    提灯が並んでいる光景ではこんなに盛大なお祭りとは想像出来ませんでしたがさすがに60年に一度の大祭ですね。
    私も行ってみたかったですが数年前大原の裸祭りを見たのでそれで我慢します。
    それぞれ人物の表情が素晴らしいですね。
    祭りならではでとても面白いと思いました。
    続きを楽しみにしています。
    m_HAL | URL | 2013.06.02 23:45 | Edit
    いろもりカラスさん、ありがとうございます。
    みなさん出番を控えて、緊張感を含んだいい表情をしていました。
    きれいな女性は多かったですよ。もう鴨川に転居するしかないですね。(笑)
    神輿は堤防を通って島まで渡りました。
    今は港から漁船への渡し板はなく、漁船の上は渡れなくなっていました。
    子供が誤って海へ落ちたりしないよう、安全対策かも知れませんね。
    いろもりカラスさんに、超人的な跳躍力があれば渡れるかも知れませんよ。(笑)
    この続きはあと2〜3回でまとめようと思っています。
    1回あたりの枚数は多くなりますが、飽きずに見て頂けるように構成したいと考えています。
    引き続き、おつき合い頂ければと思います。

    はせがわさんとの掛け合いは、何となく はせがわさんに乗せられた気がしますが、お役に立てれば幸いです。
    m_HAL | URL | 2013.06.03 00:14 | Edit
    はせがわさま、ありがとうございます。
    私もどういうお祭りなのか予備知識がなく出かけたので、これだけ人手が多いとは思いませんでした。
    普段の房総とはずいぶん違いますね。まさに「ハレとケ」の世界観そのものだと思いました。
    お祭りは2日間ありましたので、初日は望遠系で人々の表情を中心に、2日目はワイド系で神輿に寄って撮ったりと、いろいろと試してみました。
    普段はカメラを向けると逃げられたり嫌がられることが多いのですが、お祭りとあってみなさんノリノリで撮り易かったです。
    4000枚以上撮ってしまうと、どうまとめるか考えるのが大変ですが、何とか飽きられないようにしようと思っています。
    いろもりカラス | URL | 2013.06.03 12:38
    こんにちは。
    先ほどはご助言ご指導いただきありがとうございました。
    私もぜひリンクさせていただきたく思いますが、いかがでしょうか。
    リンクさせていただいたからといって、たびたびのご助言をお願いしているわけではありませんので、ご安心下さい(笑)



    m_HAL | URL | 2013.06.03 21:09 | Edit
    いろもりカラスさん、ありがとうございます。
    リンクフリーのブログですので、リンクは大歓迎です。
    私のほうもリンクさせて頂きますね。

    これからは、ガンガンとコメントを・・・
    気が向いたときにしますね。
    いろもりカラス | URL | 2013.06.03 22:45
    ありがとうございます!!
    よろしくお願いします。^^
    相子 | URL | 2013.06.06 21:27
    初めまして
    鴨川がこのような祭典を持つこととは知りませんでした。はせがわさまの所からチョと覗かせて頂き、驚きました。
    人々の祭典への意気込みが良く分かりますね。
    見せて頂き有難うございました。
    m_HAL | URL | 2013.06.06 23:00 | Edit
    相子さん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    私は一応房総の出身なのですが、恥ずかしながら今回のお祭りがあることを初めて知りました。
    何しろ30年に一度というお祭りですから、鴨川市民でなければ意外と地元の人でも知らないのではと思いました。

    今回のお祭りの写真はあと2、3回続ける予定ですので、お時間のある時に見て下さるとうれしく思います。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。