スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    街景

    2013-07-07_city_view-01.jpg

    2013-07-07_city_view-02.jpg

    2013-07-07_city_view-03.jpg

    2013-07-07_city_view-04.jpg

    2013-07-07_city_view-05.jpg

    2013-07-07_city_view-06.jpg






     







    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/278-581a62be

    Comment

    いろもりカラス | URL | 2013.07.07 23:33 | Edit
    こんばんは。
    全体を通して拝見したとき、喧噪とか静寂、過去や現在、表や裏などが複雑に入り組んだ、変な空間に迷い込んだような感じになりました。
    3枚目は、貼り紙の状態から空家かなと思えるところとか、5枚目は、クリーニング屋さんだったところが今は、、みたいなところに新しいポスターが容赦なく貼られているのを撮られているのがおもしろいなと思いました。
    4枚目の肩のところに見える階段が、本当に大船観音につくのだろうかという不安な感じがあります。
    最後のお写真のドアは、、何でしょう?
    こちらもどこかわからないところに行ってしまいそうです。
    m_HAL | URL | 2013.07.08 07:14 | Edit
    いろもりさん、ありがとうございます。
    撮っているときは感覚的に反応していることが多いので、どういう状況だったのか覚えていないことがほとんどです。
    むしろ撮った写真をセレクトして、RAW現像しているときのほうが写真を撮っているという気がします。
    いろもりさんのように、撮った写真からいろいろなことを感じ取って頂けると、撮った私の方もそうだったのかと新しい発見があって面白いです。
    3枚めはたしか魚屋さんだったと記憶していますがシャッターが降りていたので廃業したかもしれませんね。
    5枚めは看板の後に貼られたポスターと通行人に反応した気がしますが、たぶん空き家だったと思います。
    4枚めはここの通りはいつも怪しげな雰囲気があって、ここの近くに来るとつい撮ってしまいます。
    カメラを構えていたら前後から通行人が現れたので反射的にシャッターを押したのですが、狙って撮れる写真ではないなとセレクトしているときに思いました。
    最後の写真は歩いているときに急にビビッとくるものがあったのですが、そのときはこういうイメージの仕上がりを想像していた気がします。
    ドアはなんでしょうね。いつも通っている場所なのですが意識したことがなかったです。
    いろもりさんのコメントを読んでいると、いろいろと気付かされることがあって面白いです。
    またよろしくお願いします。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。