スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    相似 - 構図についてのある考察

    2013-07-21_similar-01.jpg

    2013-07-21_similar-02.jpg

    2013-07-21_similar-03.jpg

    2013-07-21_similar-04.jpg



    今回の写真自体は何のことはなく、いつもと少し見方を変えて。

    撮るときは意識していなくても、後から見ると同じような撮り方をしている事が分かる。
    これを自分の形として考えるか、パターン化したマンネリと考えるかは捉え方しだい。
    ただ構図に当てはめて撮ることがないように注意しなければならない。







    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/282-ba5506fa

    Comment

    はせがわ | URL | 2013.07.22 05:50 | Edit
    ネイチャーと違って町でスナップするときは、身についた感覚で自動的に切り取っていることが多いので、意識して構図を決めることはほとんど無いでしょうね。
    特に人物スナップの時は構図を考えているとシャッターチャンスを逃してしまうので、構図はその場任せですが、それまで積み重ねて来た経験でそれほど酷い構図になることは無いようです。
    構図が先に来て画面を作ったものはやはり鼻持ちならない絵になりがちで、そういう写真は内容を感じないので直ぐに飽きてしまうものですね。
    いろもりカラス | URL | 2013.07.22 20:08 | Edit
    こんばんは。
    これはすべて、構図にあてはめられたお写真なのですか。。
    最後の花まで同じように見えてしまうものですね。
    不思議です。
    同じような撮り方はたまに指摘されますが、まだ日が浅いので、パターン化したマンネリでもなく、自分の形を極めるまでもいっておらず、自分はなんなのでしょうと思いました。。。
    こういうふうに意図的に撮られた写真を見るのは初めてだったので、とても面白く拝見いたしました。
    ありがとうございました。

    m_HAL | URL | 2013.07.22 23:46 | Edit
    はせがわさま、ありがとうございます。
    まったくそのとおりですね。
    構図や巧さが先に透けて見えてしまう写真はつまらないですね。
    m_HAL | URL | 2013.07.22 23:47 | Edit
    いろもりさん、ありがとうございます。
    これらの写真はあらかじめ構図を意識して撮ったものではなく、あとから同じような構図のものを集めたものです。
    いろもりさんは、今の段階では今回のようなことは考えなくてもいいと思います。
    いずれ考えざるを得ない日が来ると思います。
    風太郎 | URL | 2013.07.27 01:09 | Edit
    こんばんは。

    画面右が重く、左が軽く。
    主題が無意識に右側に、という事でしょうか?

    そういった視点では、私の場合逆に左が重い事が多くて、何故なんだろう、と不思議です。

    基本的に教科書的な構図作りは嫌いなので、そんな無意識の感覚もまた良き哉と、
    一向に気にしていませんが。
    m_HAL | URL | 2013.07.28 01:01 | Edit
    風太郎さん、ありがとうございます。
    たまたま同じ日に撮影したという事もあるかもしれませんが、右側を基点にして左側で遠近を出すという。
    撮るときは意識していなくとも自然と身についてしまった癖があるのかもしれませんね。
    教科書的なものはつまらないと思いますが、理解した上で崩すのと始めから無視するのとでは似ているようで違う結果になりそうですね。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。