スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 1

    20131006_syabi-01.jpg

    20131006_syabi-02.jpg

    20131006_syabi-03.jpg

    20131006_syabi-04.jpg

    20131006_syabi-05.jpg

    20131006_syabi-06.jpg

    20131006_syabi-07.jpg

    20131006_syabi-08.jpg

    20131006_syabi-09.jpg

    20131006_syabi-10.jpg


    しばらく街撮りは、50ミリ標準レンズだけでいけるところまでいこうと思う。

    写真は写美へ米田知子展を最終日に見に行ったとき、帰りに撮ったもの。
    いつものとおり展示を見終わって、NADiffX10で閉店まで立ち読みしてから外へ出たら、あたりはすっかり暗くなっていた。







    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/298-36c9cb1b

    Comment

    はしもとたかし | URL | 2013.10.08 08:13
    50mmの画角ってすごくいいですよね。
    ボク自身は広角でごまかしながら撮っているのでこういった標準レンズで撮った写真がストレートですごくかっこよく思えます。
    ボクも基本に戻って50mmからやり直そうかな(笑)

    夜の写真なのにすごくシャープに写っているのもいいですね。



    ささきたかし | URL | 2013.10.08 20:10
    手すりの向こうに人がいる写真いいですね。
    50mm、ぶった切れて楽しいですよね♪
    m_HAL | URL | 2013.10.09 01:54 | Edit
    はしもとたかしさん、ありがとうございます。
    広角でごまかしながら・・とおっしゃいますが、広角で撮っていることを感じさせないくらいナチュラルに使いこなしている写真を見るたびに、私などはすごい人だなあと思いますが・・・。

    写りがシャープなのは、機材や現像ソフトの恩恵によるところが大きいです。
    m_HAL | URL | 2013.10.09 02:05 | Edit
    ささきたかしさん、ありがとうございます。
    夜の有楽町ガード下や鶴見線の国道駅を、暗いからという理由だけでいちばん明るい50ミリで撮って以来、50ミリやっぱりいいなあとあらためて思うようになりました。
    とくにF2.8あたりでのピントのキレとボケのバランスがお気に入りです。
    さかみち | URL | 2013.10.13 00:27 | Edit
    こんばんは。
    恵比寿の夜景スナップいいですね。
    3枚目は一瞬のシャッター、
    人とクルマとバイクが夜の空間に絶妙な感じです。
    4枚目は私も撮りたいと思っている動く歩道。
    たぶん、センター左を歩く男性がきいているように思います。
    動く歩道は、横浜のそごうとベイクォーターの間にもかかっていますが
    こんど機会があれば参考にして...^^
    50ミリは力強い感じがしますね。
    m_HAL | URL | 2013.10.13 05:41 | Edit
    さかみちさん、ありがとうございます。
    3枚めは通行人に合わせて何枚か撮った中からバランスを考えて選んでみました。
    4枚めはさかみちさんが言われるように、左の男性がいなければ撮っていなかったと思います。
    力強く感じて頂けましたか。
    写真の学校に入ったとき、講師にはじめのうちは50ミリだけで撮るように言われ、しばらく50ミリでスナップばかり撮っていたので50ミリの画角が体に染みついているようです。
    ズームで撮るときも街撮りでは50ミリや35ミリを使うことが多く、あらかじめ焦点距離を合わせて撮るのですが、フルサイズのカメラでないと感覚的にこういう撮り方ができないので、どうしてもフルサイズがメインカメラになってしまいます。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。