スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 2 等価

    20131013_equivalent-1.jpg


    墓地と都市は同義語である。








    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/299-d4dcd200

    Comment

    | | 2013.10.17 21:54
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    m_HAL | URL | 2013.10.18 06:45 | Edit
    鍵コメさん、ご連絡ありがとうございます。
    さかみち | URL | 2013.10.19 00:06 | Edit
    夕景の墓地、
    これは素晴らしいですね。
    それと、これはやられたという思いもあります。(私も知ってる墓地だから^^)
    きっちり撮られていてやはり力強いです。
    立ち並ぶ墓石はビルのようだし、後方へと続くビルも同じように思えます。
    人間世界ですね。
    風太郎 | URL | 2013.10.19 01:30 | Edit
    こんばんは。

    これは・・・様々なものを暗示していて見入ってしまいます。

    生と死は表裏一体なのか。
    色即是空、と般若心経まで去来してしまいます。

    参りました。
    | | 2013.10.19 16:57
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    m_HAL | URL | 2013.10.20 05:35 | Edit
    さかみちさん、ありがとうございます。
    やっぱり、さかみちさんもご存じの場所でしたね。
    初めてこの場所に来たときは、墓石とビル群が建ち並ぶ姿の違和感のなさが印象に残りました。
    この日は9月に上陸した台風が去った日に撮ったのですが、台風の後に近所を散歩しているうちに、自然とこの場所に導かれた感じです。
    夕焼けが信じられないくらいにきれいでした。
    m_HAL | URL | 2013.10.20 05:36 | Edit
    風太郎さん、ありがとうございます。
    時としてこういう象徴的な風景に巡り会えるので、写真はやめられないですね。
    この場所から見る風景は、彼岸と此岸を結ぶ回路のようです。
    この日は台風一過で夕焼けがとても美しく、全てのものが光に包まれるような感覚でした。
    m_HAL | URL | 2013.10.20 05:37 | Edit
    鍵コメさん、ありがとうございます。
    今後ともよろしくお願いします。
    summer-christmas | URL | 2013.10.20 09:45 | Edit
    写真の原点を観るようですね。
    色調が何とも言えず 私などは こちらもアチラも同じ 極楽浄土の世界のように思われました。
    m_HAL | URL | 2013.10.20 21:24 | Edit
    summer さん、ありがとうございます。
    台風一過の影響もあってか、夕暮れの光そのものが普段見ることのない美しさでした。
    そういった光の効果も一役買っているのかなと思います。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。