スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 9 原点

    20131202_yuraku_cho-01.jpg

    20131202_yuraku_cho-02.jpg

    20131202_yuraku_cho-003.jpg

    20131202_yuraku_cho-004.jpg


    11月は諸般の事情により2回しか撮影に出ていないので、だいぶ季節はずれになってしまうが、50ミリ
    レンズの魅力をあらためて認識するきっかけになった、いわばこのタイトルの原点ともいえる有楽町の
    写真をアップすることにした。
    ガード下はまるで舞台装置でようで、夢の中で撮っているような感覚になる。






      
     

     
     

     





    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/308-a986459f

    Comment

    summer-christmas | URL | 2013.12.03 12:56 | Edit
    フランク永井の世界 ♪有楽町ですね。
    やっぱりガード下は絵にになりますね。
    夜の外出はなかなか難しいのですが
    一度昼でなく夜の別世界挑戦したいものです。笑
    はしもとたかし | URL | 2013.12.03 20:43
    毎回思っていたんですが、夜の写真なのにキッチリ写っていますよねぇ…写真の雰囲気からすると手持ちのように思えるんですがまったくブレていないのが単純にスゴイと思います。

    素人じみたコメントですみません(笑)

    m_HAL | URL | 2013.12.04 01:58 | Edit
    summer さん、ありがとうございます。
    きっとsummer さんなら反応してくれると期待していました。(^_^)
    うれしいです。
    ガード下はやっぱり夜だろうということで、何かにつけ写真展を見た帰りに足を運びました。
    ガード下も国道駅もすべて summer さん の写真に触発されて撮りました。
    summer さんにはただ感謝するのみです。
    もう少し暖かくなったらと、「走水」の撮影を画策中です。
    m_HAL | URL | 2013.12.04 02:01 | Edit
    はしもとたかしさん、ありがとうございます。
    最近のデジカメは何しろ性能がよくて、フィルムで撮っていた頃は考えもしなかったISO3200とか6400で撮ってもこのくらい写ってしまうという有り様です。
    F4〜F6.3くらいに絞っても、1/60〜1/125秒で撮れるので、これなら昼間撮っているのとそう感覚的に変わらずに撮れます。
    何だかんだいっても結局写真を撮るのはカメラですね。(^_^)
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。