スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 13 鴨川

    20140121kamogawa-01.jpg

    20140121kamogawa-02.jpg

    20140121kamogawa-03.jpg

    20140121kamogawa-04.jpg

    20140121kamogawa-05.jpg

    20140121kamogawa-06.jpg

    20140121kamogawa-07.jpg

    20140121kamogawa-08.jpg

    房総の鴨川は地域ごとに特徴があって面白かった。
    今回は海岸線に沿って歩いて撮った写真を選んだ。
    このあたりは夏になると海水浴客であふれかえるが、冬はサーファー以外は人も少なく、ただ空と海を眺めていると、それだけで十分に美しいと思う。
    しかしながらひねくれものとしては、美しいものを素直に美しいまま出そうとはしないのであった。









    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/314-62072f9a

    Comment

    さかみち | URL | 2014.01.23 22:58 | Edit
    いや〜、圧巻!
    全部すばらしいですね。
    魅力的な海と海岸の様子、ラストも広い空で気持ちいいですし
    もうコメントのしようがありません^^
    ところで1枚目の海の中にあるのは何でしょうか?
    岩なのか何なのかとても気になるのですが
    この分からなさを1枚目にもってきたところも
    ミソのように思います。
    風太郎 | URL | 2014.01.24 00:10 | Edit
    茫洋と掴み所のない房総の海景ですね。
    望遠にも広角にもなる「5センチ」レンズをよく使いこなされているなあと思いました。さすがです。

    モノクロが描き出す光と影は、モノのカタチの不思議さを引き立て、
    そのグラデーションは素直に美しいですよ。
    m_HAL | URL | 2014.01.24 05:39 | Edit
    さかみちさん、ありがとうございます。
    予想もしなかった反応に戸惑いながらよろこんでいます。(^_^)
    1枚目は岩ですね。
    モノクロにしたのでなおさら何が写っているのか分からないですね。
    そもそも海なのかどうかも怪しいような・・。(海です)
    この水平線の前にちょこっと見える岩が、何にもなさ加減を強調しているようでとても好きな景色なのですが、この写真を間に持って行ってしまうと他の写真に食われてしまいそうなので、トップに持ってきたという姑息な作戦です。(笑)
    うれしいコメント、ありがとうございます。
    m_HAL | URL | 2014.01.24 05:41 | Edit
    風太郎さん、ありがとうございます。
    房総の海と空をずっと眺めていると、他には何もいらないと思えてきます。
    波の音や風の冷たさ、少し明るさを取り戻してきた光など五感で感じていると幸せな気分になります。
    しかしそういったものは写真には写らないので、むしろモノクロにして突き放しているという面もあります。
    モノクロの場合、特にこういう陰影が少ない写真ではグラデーションをきちんと出さないと見る影もなくなってしまうので、仕上げには気を遣いました。
    ちゃんと伝わってよかったです。(^_^)
    ささきたかし | URL | 2014.01.29 02:01
    人の入っていないヨコ写真がいいなあ、と思いました。
    とくに上から2番目、下から3番目は写っているものよりも写真を見てるって感じがするので好きです。
    m_HAL | URL | 2014.01.30 03:37 | Edit
    ささきたかしさん、ありがとうございます。
    なるほど、写真を見ている感じ・・よく分かります。
    特に上から2番目は、写真を撮ることを考えていなかったらまず気にも留めなかった場所だと思います。
    この細かに波立つ水面を見たときに、頭の中ではモノクロで水面をこう仕上げようと、すでに写真のイメージが出来上がっていました。
    そういう意味では、上から2番目の写真に反応してくれたのは、個人的にはうれしいことです。(^_^)
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。