スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 15 霧

    20140204_fog-01.jpg

    20140204_fog-02.jpg

    20140204_fog-03.jpg

    20140204_fog-04.jpg

    20140204_fog-05.jpg

    20140204_fog-06.jpg

    20140204_fog-07.jpg

    20140204_fog-08.jpg

    20140204_fog-09.jpg

    20140204_fog-10.jpg


    2月2日の日曜の夜、納豆巻きを買いにコンビニまでと思って外に出たら、あたり一面が夜霧に覆
    われていた。
    こんな景色を見ると写真の虫が騒ぎ出し、撮らずにはいられなくなる。
    すぐに引き返しカメラを持ち出して近所中を歩き回り、撮りまくっていたらあっという間に2時間
    近くが過ぎていた。
    で、肝心の納豆巻きはといえば、ひとつも残っていなくて代わりに恵方巻きが幅を利かせていた。
    ガックシ・・。

    届いたばかりの写真集 → +Read More へ
    富谷昌子「津軽」
    とても良い写真集。
    一枚一枚の写真とじっくりと向き合える。
    そして写真の中にすっと引き込まれる。
    こういう写真はもっと世に知られて欲しいものだ。
    詳しくはこちら







    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/316-41cfbbfc

    Comment

    summer-christmas | URL | 2014.02.07 15:33 | Edit
    ふぅ~ 美しいです。
    こんな場合 納豆巻きどころではないです。
    一枚目赤のテールランプそして人 ドラマです。
    2枚目 左側のらせん階段の紫とグレーのトーン
    美しいです。電線の入り具合もgood
    3・4・枚目の木のシルエットも良いですね。
    | URL | 2014.02.08 10:22
    先生、普通にキレイなカラー写真も撮るんですね!!(笑)
    すみません、冗談です。
    とても勉強になります。
    2枚目と4枚目が私は好きです。
    今度霧が出たらこれを参考に私もチャレンジします!
    m_HAL | URL | 2014.02.08 12:17 | Edit
    summer さん、ありがとうございます。
    納豆巻きを買えなかったのはガッカリでしたが、summer さんに気に入って貰えたので帳消しということで・・(笑)
    電線の入れ方にはちょっとこだわりました。(^_^)
    いちどスイッチが入ると気が済むまで撮らずにいられなくなる性分は、たぶん死ぬまで直らないと思われます。
    m_HAL | URL | 2014.02.08 12:19 | Edit
    いしいさん(?たぶん?)、ありがとうございます。
    正確に言うと、写真がきれいというよりも霧がきれいですね。(笑)
    あくまでも主は対象で、撮る側は従に過ぎないですから。
    対象をどう捉えるかで、撮り方が変わるのはあり得ると思われます。
    いしい | URL | 2014.02.09 03:42
    あれ、すみません、名前入れ損ねちゃいましたね。
    撮り方は変わっても先生らしさはちゃんと出てる気がします。
    ずっと見てるとだんだん解ってくるものですね。
    (すみません、お前ごときに何がわかると言われそうですが・・・)
    m_HAL | URL | 2014.02.10 00:46 | Edit
    いしいさん、そんな事は言いませんよ。(笑)
    そんな事が言えるほど、エラクはないし。
    さかみち | URL | 2014.02.10 23:15 | Edit
    国道1号のこのへん、
    私もときどきドンキーに行く時に通るのですが
    別世界の雰囲気と美しさですね。
    霧の夜の風景、上手さを感じますしなにより新鮮です。
    まいりました。ギャフン × ×〉
    m_HAL | URL | 2014.02.12 01:38 | Edit
    さかみちさん、ありがとうございます。
    実はここにドンキができたことをこの日まで知りませんでした。
    いつも電車の窓から見ているはずなんですけどね。
    カメラを持っていないときは、いかにボーッと見ているかがわかりますね。
    実際の見た目は写真よりも光の滲みがきれいだったり、霧で街がかすむ感じがあったのですが、そこのところが巧く表現できておらず不満が残ります。
    ちょっと欲張りですかね。(^_^)
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。