スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 23 脱 - 写真・的

    20140429_deconstruction-01.jpg

    20140429_deconstruction-02.jpg

    20140429_deconstruction-03.jpg 
    20140429_deconstruction-04.jpg

    20140429_deconstruction-05.jpg

    20140429_deconstruction-06.jpg

    20140429_deconstruction-07.jpg

    20140429_deconstruction-08.jpg

    20140429_deconstruction-09.jpg

    20140429_deconstruction-10.jpg

    20140429_deconstruction-11.jpg

    20140429_deconstruction-12.jpg

    20140429_deconstruction-13.jpg

    20140429_deconstruction-14.jpg

    20140429_deconstruction-15.png


    いままでの写真を撮るという行為が段々つまらなく感じてきて、一度写真を撮るという意識を
    捨てようと思い始めている。
    写真を撮るために今まで身についたあらゆるものを、いちど解体したいという思いに駆られる。
    捨てようとして捨てられるものなのか、それでも残るものがあるとすればそれは何なのか。
    結果はどうなろうと、思いついたことはやってみないと先へと進まない閉塞的な今日この頃。







    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/326-49b506ca

    Comment

    summer-christmas | URL | 2014.05.10 08:08 | Edit
    最初脱写真的と言う意味が判らなかったのですが、最後になって判りました。
    たしか 何を 何時も同じ事をやっているのか?>自分・・というときがありますね。
    ですが とにかく答えは撮り続けていく中で見つかって行くのかな・・と思ったりしている昨今です。
    さかみち | URL | 2014.05.10 11:33 | Edit
    ラストは2枚合成なのでしょうか?
    今まで身につけてきた知識や技術を捨てるというのは
    難しいことのように思いますが、
    見守っていきたいと思います^^
    m_HAL | URL | 2014.05.11 06:50 | Edit
    summer さん、ありがとうございます。
    写真を撮るときに、どうも巧くまとめようとする意識が働いて、これ見よがしに写真にしてしまう癖がついていることに気付き、これって違うよなと思うことがしばしばあります。
    そういうことからオサラバしようと、とりあえずもがいているところです。(笑)
    これらの写真は、何か気持ちが動いたらあれこれ考えず、すぐにシャッターを押してしまおうと決めて撮った写真です。
    一度こういうことをやっておかないと気持ち的に次へと進まないので、とりあえずやってみました。
    おつきあい頂いて、恐縮です。(^_^)
    巧く撮ろうとか、きれいに、絵になるように撮ろうとかいう意識を捨てて(あれ、どこかで聞いたような?岡本太郎?)、まず対象と対峙することを心がけようと思います。
    m_HAL | URL | 2014.05.11 06:51 | Edit
    さかみちさん、ありがとうございます。
    ラストの写真は、2枚の写真をくっつけています。
    今回の趣旨は前述のとおりということで(笑)、詳細は省略させて頂けると・・。(^_^;)
    写真は目の前にあるものを撮らないと成立しないので、その時に自然に身についたものを捨てるといっても、自ずと限界がありますね。
    とりあえず小手先で巧く撮ってしまうことは避けようと思います。
    はせがわ | URL | 2014.05.11 22:56 | Edit
    今日はおいで頂きありがとうございました。
    久しぶりにたくさんお話出来て嬉しかったです。
    モニターとは違う雰囲気でプリントをご覧いただけて良かったと思っています。
    最近ではモニターが見せる手段の主流になりつつあるそうですが、やはりプリントしてこそ写真の良さを感じることが出来ると、今回の写真展にプリントを並べみてて感じました。
    m_HALさんもぜひプリンター新調されて下さい。
    m_HAL | URL | 2014.05.12 01:01 | Edit
    はせがわさま、ありがとうございます。
    こちらこそいろいろとお話を聞かせて頂き、充実した時間を過ごすことができました。
    お世辞抜きで素晴らしい展示だと思いました。
    はせがわさんのブログで何度も見ている写真も、今回改めてプリントで拝見し奥深さに感動しました。
    やっぱり写真はプリントで見るものだと再認識した次第です。
    今使っているプリンターが不調でしばらくプリントしていませんが、これを機にプリンターを買い替えようかと真剣に考えています。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。