スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 28 夜の手触り

    20140608_nightvision-01.jpg

    20140608_nightvision-02.jpg

    20140608_nightvision-03.jpg

    20140608_nightvision-04.jpg

    20140608_nightvision-05.jpg

    20140608_nightvision-06.jpg


    都内へ写真展を見に行った日は、必ずこの場所に立ち寄ってしまう。






     

    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/332-02876f1f

    Comment

    はしもとたかし | URL | 2014.06.10 21:23
    一枚目の写真の雰囲気はボクにとってたまらなくツボですね。
    田舎者のボクからするといかにも都会的な雰囲気というか…。
    間違いなく一人では歩けないです(笑)

    50mm一本で遠景も近景もキッチリ撮れるm_HALさんのセンスがたまらなく羨ましいです。

    m_HAL | URL | 2014.06.11 05:01 | Edit
    はしもとたかしさん、ありがとうございます。
    1枚目は私もお気に入りの場所で今まで何度も撮っているのですが、色々な条件が運良く揃って今回が一番上手く撮れた気がします。
    ここは実は奥のタクシー会社の私道だそうで、以前知らずにスタコラ歩いていたら、ここは私道だから通れないとおじさんから教育的指導を受けました。(笑)
    ちなみに最後の写真は、この道の反対側から撮ったものです。

    写真を始めた頃、講師から始めのうちは50mmだけで撮るように言われ、こと写真に関して真面目だった私はずっとその通りにしていたら、いつしか50mmの画角で物を見る習慣が出来てしまいました。
    最近はレンズ交換するのが面倒で他のレンズは持ち歩かなくなり、ここは35mmで撮りたいなと思っても縁がなかったと思うことにしています。(笑)
    よくないですね。
    しかしながら、つまらない写真しか撮れなかったときは、正直限界も感じます。
    武田花みたいに、50mm、縦位置だけで写真集を作ってしまうという境地には到底なれません。(^_^)
    はしもとたかし | URL | 2014.06.11 11:24
    「縁がなかった」って思うことは大切だと思うんです。
    必ずしも自分のイメージと焦点距離が一致するとは限らないんですよね。だからといってズームレンズを使って欲張ろうという気にもなれない(笑)

    ボクは28mmレンズのコンパクトカメラがほとんどなので諦めなければいけない光景ばかりです(笑)



    m_HAL | URL | 2014.06.12 07:20 | Edit
    はしもとたかしさん、よくわかります。(^_^)
    単焦点レンズという制約の元で撮る場合と、ズームで自分の思い通りに撮る場合とでは写真が変わってくると思います。
    単焦点で撮っていると制約があるがゆえにレンズに教えられることもありますし、ズーミングに振り回されるという弊害もないですしね。
    私の場合、自分がズームで撮った写真がつまらなく思えることがあるのは、いかに自分のイメージが貧困であるかを突きつけられる気がして、少し落ち込みます。(笑)
    レンズ交換をしないのは、単に面倒だというのもありますが、撮影時のリズムを断ち切りたくないということもあります。(やや言い訳っぽいですが)
    限られた時間で出来るだけ多くを記録したい場合はズームでガンガン撮ることも必要ですが、私のように何かの役に立つ写真を撮らない者にとって、50mmだけで撮るということは考えようによっては贅沢なことかも知れません。(^_^)
    leica-egoiste | URL | 2014.06.12 23:00 | Edit
    今晩は…
    何時も素敵なお写真を拝見させて頂いています!
    上京時は日比谷公園前のホテルに宿泊しLEICA銀座店やLEICA CAMERA JAPANの友人達と有楽町界隈で談笑しています
    行き帰りには私も「この場所」を撮影させて頂いていますので懐かしくて…!
    突然コメントさせて頂きました
    こんなに上手くは撮れませんが来月の上京時に「この場所」の撮影が楽しみです!
    m_HAL | URL | 2014.06.14 08:48 | Edit
    leica-egoiste さん、ありがとうございます。
    やっぱり撮りたくなりますよね。「この場所」
    個人的には有楽町周辺の古い建造物は、歴史的遺産としてずっと保存して欲しいくらいです。
    leica-egoiste さんのブログでは、いつもLeica情報を楽しませて頂いています。
    Leicaは所有していませんが・・。ちなみにこの先も所有できる見込みがありません。(-_-;)
    もし宝くじが当たったら、LEICA M MonochromとAPO-SUMMICRON 50mm を買います。(^_^)
    summer=christmas | URL | 2014.06.16 07:41
    行かれましたね!
    夜ですか・・良いですね。
    私も宝くじが当たりましたら M monochrom と
    summicron50 が欲しいです。笑
    これからは 暑くて活動は夜になりそうですので
    何時か私も 夜 この場所を撮りに行きたい気持ちになりました。
    m_HAL | URL | 2014.06.17 06:10 | Edit
    summerさん、ありがとうございます。
    この日は、5月に本橋成一と金村修の写真展を見に行った帰りに撮ったのでこの時間になってしまいました。
    1枚めは summer さんのブログでも拝見していますね。
    今まで何度か撮っているのですが、この日はまだ空に明るさが残っていたので、いいバランスで撮れたと思います。
    LEICA銀座でセイケトミオの展示を見たとき、M Monochrom のクオリティに圧倒されましたが、何しろ桁数が多い価格ですので、宝くじにでも当たらないと購入できないですね。
    風太郎 | URL | 2014.06.18 00:15 | Edit
    都会の狭間の異空間。
    日常のすぐ隣にあるそれに迷い込みそうですが、
    現実に引き戻すのは女性の足の艶めかしさ。
    写真は異界への入口を少し覗かせてくれますね。

    m_HAL | URL | 2014.06.18 23:36 | Edit
    風太郎さん、ありがとうございます。
    森山大道いわく、街はいたるところに異界があって、街をスナップすることはその異界を撮ることだそうです。
    わたしにはなかなか異界の入り口を見つけられませんが、また写真でしか見ることが出来ないのかも知れませんね。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。