スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 33 雨模様-3

    20140727_rainydays-01.jpg

    20140727_rainydays-02.jpg

    20140727_rainydays-03.jpg

    20140727_rainydays-04.jpg

    20140727_rainydays-05.jpg

    20140727_rainydays-06.jpg

    20140727_rainydays-07.jpg

    20140727_rainydays-08.jpg

    20140727_rainydays-09.jpg

    20140727_rainydays-10.jpg


    梅雨が明けたと思ったら、猛暑と多忙さで早くもバテ気味です。(-_-;)
    次のネタがありません!








    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/337-4ee865fe

    Comment

    はしもとたかし | URL | 2014.07.28 18:27
    二枚目のようなY字の三叉路って、なんだか惹かれてしまって写真を撮ってしまうんですよね。

    最後の写真も好きな写真です。

    おやま剛 | URL | 2014.07.28 19:44
    様々な方向に働くベクトルを、一枚の写真の中に心地よいリズムで掬い取られているように感じました。
    m_HAL | URL | 2014.07.29 03:55 | Edit
    はしもとたかしさん、ありがとうございます。
    Y字路は道を一本隔てただけで、その道ごとに全く違う様相を呈しているところが惹かれる理由かなと思います。
    距離を置いて差異を同時に見ることが面白いのかなと。
    最後の写真はなにも考えずに撮った写真ですが、後から見てこんな風に写っていたのかと思いました。(笑)
    写真はしばしば撮影者の思惑を離れ、勝手に語り出すから撮ってみないと分からないですね。(^_^)
    m_HAL | URL | 2014.07.29 03:57 | Edit
    おやま剛さん、ありがとうございます。
    言われてみると、今回は画面を垂直方向に切り刻んだ写真が多いですね。
    私の写真を心地よく感じて頂けたとしたら、これ以上喜ばしいことはありません。
    風太郎 | URL | 2014.08.04 20:45 | Edit
    雨模様とは言っても実際に雨が降っているのは最初の写真のみで、
    後は雨上がりといった風情ですね。
    ムシムシと湿度の高い、気怠い空気感が閉じ込められているように思いました。

    音も匂いも無く、色さえないモノクローム、
    見る人の想像や皮膚感覚でイメージが多様に拡がるのが写真の面白さですね。
    m_HAL | URL | 2014.08.05 00:42 | Edit
    風太郎さん、ありがとうございます。
    夕方には、ほとんど雨は上がっていました。
    カラーは情報量が多く、明快で断定的な表現に適していると思うのですが、モノクロは抽象的でフラットな分、見る側に委ねられる要素が多いという怖さもあると思います。
    それもまた写真らしさかなと思います。
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。