スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 34 絵日記

    20140809_diary-01.jpg

    20140809_diary-02.jpg

    20140809_diary-03.jpg

    20140809_diary-04.jpg

    20140809_diary-05.jpg

    20140809_diary-06.jpg

    20140809_diary-07.jpg

    20140809_diary-08.jpg

    20140809_diary-09.jpg

    20140809_diary-10.jpg

    20140809_diary-11.jpg  

    20140809_diary-12.jpg



    暑い日が続くからといって夏の間一度も撮影に出ないと、それはそれでストレスが溜まるので、
    歯医者の帰りにふらっと公園の近くまで歩いた。
    最近は写真を撮ることからオサラバしたい心境なので、何か心が動いたらカメラを向ける。
    こういう状況には、50mm単焦点がしっくりと合う。
    なまじズームレンズを着けると、つい撮ろうとする意識が働いてしまう。
    夏休みの子供の絵日記のように、写真と関わりたい。

    肌にちくちくと日差しが突き刺さるような一日だった。








    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/338-f3d5e7f5

    Comment

    summer=christmas | URL | 2014.08.12 09:19 | Edit
    子供の絵日記のように・・良い言葉ですね。
    写真からオサラバ・・それはイケマセン! 笑
    m_HAL | URL | 2014.08.12 11:06 | Edit
    summer さん、ありがとうございます。
    正確にいうと写真からオサラバではなく、写真を撮ろうとする意識からオサラバです。(^_^)
    写真を撮ろうとする意識が働くと、どこか写真がウソっぽくなる気がして厭になります。(笑)
    ただ対象と向き合い、自分の内なる受信装置が反応したものを、そのまま掬い上げることができればいいと思います。
    そういう風に考えると、子供の絵日記はひとつの理想かもと思えます。
    さかみち | URL | 2014.08.12 21:12 | Edit
    こんにちは〜。
    私などは、すきを見つけては何とか撮ってやろう撮ってやろうという意識が働きます。
    いやしい意識(?)ですね。コソコソ感とか恐る恐る感とかがあって、これは我ながらイヤになります。
    被写体に堂々と向きあい、しっかと写真を撮りたいものですが...^^;

    さて1枚目ですが、私が毎日のように通る道、
    この広場のイベントは今年は1日だけ、m_HALさんがここを撮られた数時間前に
    まだ人が出てなかった頃ですが、私はこのへんを歩いています。
    かなりのニアミスでした^^
    とても暑い中、たぶん我が家前を汗をかきかき通過して
    清水ヶ丘公園まで行かれたようです。
    7枚目の小高い丘付近の撮り方は新鮮ですね。
    8枚目の空もそうですが、50ミリでも広角レンズのような広々感があります。
    私も50ミリ (オリンパスでは25ミリ) がほしいと思うこの頃、メモしときます^^
    m_HAL | URL | 2014.08.13 09:15 | Edit
    さかみちさん、ありがとうございます。
    この辺りにお住まいでしたか。
    歯医者へ行くのに駅の近くまで来たので、清水ヶ丘公園まで足を伸ばしました。
    最近は何処かへ撮影に行くというより、とりあえずその場所へ行き、カメラを向けるものがなければそれはそれで良し、写真を撮れたらなおのこと良しとしています。
    上手さが先に透けて見えるような写真はつまらないので、それっぽく撮るのはやめようと心がけています。
    写真を始めた頃、50mmだけで撮っていたせいで、すっかり50mmの画角で物を見る習慣がついてしまいました。
    今ではこれだけでもいいかと思っています。(笑)
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。