スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5センチの眺め - 36 雨の船

    20140824_rainy-days-ship-01.jpg

    20140824_rainy-days-ship-02.jpg

    20140824_rainy-days-ship-03.jpg

    20140824_rainy-days-ship-04.jpg

    20140824_rainy-days-ship-05.jpg

    20140824_rainy-days-ship-06.jpg

    20140824_rainy-days-ship-07.jpg

    20140824_rainy-days-ship-08.jpg


    雨の日の移動もまた楽し。









    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/342-b381f724

    Comment

    風太郎 | URL | 2014.08.30 00:31 | Edit
    雨の日はどう撮ってもアンニュイな雰囲気が漂うものですが、
    あまり人気を感じさせない船が一層その世界に引き込むようです。

    気怠い海原に乗り出す船は何処へ向かうのか。

    漂う標識ブイに惹かれました。


    さかみち | URL | 2014.08.30 00:44 | Edit
    よく船に乗られますね。
    雨の日の船上での写真、
    どれをとってもうまいなぁと感心します。
    ラストなど全ての情報量がつまっているようでドキドキです。
    4枚目がちょっとわかりにくいのですが、
    天井のガラス板に雨水が風に吹かれている、そんな感じかなと思ってます^^?
    はせがわ | URL | 2014.08.30 14:57 | Edit
    自分で撮った雨の日の写真を見直すとなんでもっと雨の日に出かけないのかと思ってしまいます。
    それでも雨になると腰が重くなり「さあ、出かけよう」とはなりません。
    m_HALさんは雨でもまめにお出かけになりますね。
    傘を持っての一眼は非常に扱いにくいのでイヤなのですが、今度片手で撮れるカメラを買ったので足の神経痛が快復したら雨の日を選んで出かけてみようとm_HALさんのお写真拝見しながら考えています。
    m_HAL | URL | 2014.08.30 23:51 | Edit
    風太郎さん、ありがとうございます。
    今までは雨の日に撮影に行くのは億劫だったのですが、最近は雨の雰囲気に浸りながら撮るのも悪くないと思っています。雨に濡れるのは厭ですが。

    フェリーに乗って最初に目に入ったブイで写真スイッチが入りました。(笑)
    雨の日の海景色もいいものですね。
    遠くに霞む水平線、煙る島影、山の稜線を隠す雨雲。
    さすがにこの日は誰もデッキに出ていませんでしたが、それが返って良かったかなとも思います。
    m_HAL | URL | 2014.08.30 23:56 | Edit
    さかみちさん、ありがとうございます。
    電車のような密室で移動するよりも、海の上で外気に触れて移動するほうが気持ちが良いのでいつもフェリーを利用しています。
    それと海から見る房総半島が好きなのです。
    4枚めは屋根に溜まった雨水が、船が揺れるたびに動く様子が面白くて撮ったものです。
    最後の写真はフェリーを係留するスタッフを追いながら撮ったのですが、思ったよりも上手くいったのでひと安心です。
    m_HAL | URL | 2014.08.30 23:58 | Edit
    はせがわさま、体調がすぐれないなか、コメントをくださりありがとうございます。
    私も雨の日に出掛けるのは気が進まないのですが、用事があるときは雨の日にしか撮れない写真があるからと思うと、かえって出掛けるのが楽しくなります。(笑)
    たしかに傘を差しながらの撮影は、傘が風にあおられたりレンズに水滴が付くたびに拭かなければならず、やっかいですね。
    わたしも最近はカメラの上げ下げで肘に痛みを感じるようになり、軽いミラーレスに乗り換えようかと考えています。
    はがわさんがGRで、雨の日に本気で撮った写真が楽しみです。(笑)
    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。