スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    夕方近く(横浜市保土ヶ谷区)

    1_yugata.jpg

    2_yugata.jpg

    3_yugata.jpg

    4_yugata.jpg

    5_yugata.jpg

    6_yugata.jpg

    7_yugata.jpg

    この頃とても疲れていて、休日になると今日は一日家に居ようかとか、やっぱり外に出ないと体に良くないとか考えているうちに午後になって、やっぱり写真を撮らなくてはと思って夕方近くになって外に出て、写真を撮っているうちに少し元気になるけれど、夜になって月曜から仕事か、などと思うとまた気持ちが沈み込むのです。

    そんなサイクルで最近は生きています。
    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://shricamel.blog112.fc2.com/tb.php/69-06245cef

    Comment

    はせがわ | URL | 2009.02.16 17:01 | Edit
    夕方からひと回りしてこれだけのものをつくられるのですから大したものです。
    私の場合は早朝に目的地に着いてしまわないと写欲が半減します。

    私でしたら4と5を外して5枚で纏めたいです。
    m_HAL | URL | 2009.02.17 04:10 | Edit
    はせがわさま、いつもありがとうございます。

    4,5枚目を除いては最初からアップする事を決めていましたが、4,5枚目は今回入れるかそれとも別の写真のときに組むか悩みました。
    私の迷った部分を見抜くところはさすがですね。はせがわさんの眼力は誤魔化せませんでしたか。
    やはり自分で撮った写真を自分でセレクトすると、どこか甘さが出ますね。

    このあたりはよく知っている場所だというアドバンテージがあるにしろ、2時間余りでこれだけ撮れることは滅多にないです。
    この日は何故か被写体に吸い寄せられるように撮っている感覚があって、とくに最初の写真など若者を発見してから撮るまでの時間の流れがとてもスムーズで、スローモーションを見ているような感覚でした。(でもピントは若者でなく、後ろに合っています。)余談ですが、よくスポーツ選手がいうZONEというのはこの感覚に近いのかなと後から思いました。

    いつもこれくらい効率がいいと写真も楽なんですけどねえ(笑)。普段は半日歩いてこの程度の収穫だったかという感じです。

    はせがわ | URL | 2009.02.19 18:41 | Edit
    http://d.hatena.ne.jp/blepharisma/

    昨年から現研の講師をされているそうです。
    写真も文章も独創的で面白いですよ。
    m_HAL | URL | 2009.02.20 01:53 | Edit
    はせがわさま、ありがとうございます。
    じつは少し前からハイカロリーの大ファンでして、何度かコメントも書き込んだりしております。
    はせがわさんもファンでしたか。
    山方さんのホームページの作品もとてもおもしろいですね。何度見ても飽きないし、何というか時間の流れが閉じこめられてしまったかのような感覚があって、見るたびに惹きつけられます。

    急に話は変わりまして、はせがわさんがブログで紹介されていた「風の旅人」を購入したのですが、とてもいいですね。
    川田喜久治の「地図」は今まで断片的にしか見たことがなかったのですが、あれだけのボリュームで見ることができて大満足です。
    石元泰博の今回の作品は、今まで見たことがありませんでした。この2作品だけでも価格以上の価値があると思いました。
    書店でこの本を見たことがなかったので存在すら知りませんでしたが、いい本を紹介してくださいました。おすすめのバックナンバーがありましたら、またブログで紹介してください。

    Comment Form
    公開設定

    FLASH文字時計
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    プロフィール

    m_HAL

    Author:m_HAL
    現代写真研究所にて写真を学ぶ。
    金瀬 胖 氏の影響を受け現在に至る。

    このブログはリンクフリーです。

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。